2019、3、10     受難節第1主日礼拝     牧師 川﨑善三

「荒野の誘惑」                    ルカ4:1~13

イエスさまは、私たちの罪をゆるすためにこの地上に来られた神の御子です。罪のない

御方が、罪人のようになってその生涯を送られました。そのゆえに、私たちはイエスさ

まを信じてバプテスマを受けるとき、聖霊によって新しく生まれ変わらせていただくこ

とができます。神の御子であるイエスさまは、救いにあずかる順序を守りバプテスマを

お受けになりました。ユダヤ人にバプテスマを授けていたヨハネのところに行き、ヨハ

ネからバプテスマを受けられました。イエスさまは聖霊に満たされ、荒野に導かれまし

た。そして、四十日四十夜、断食して過ごされました。イエスさまは、ご聖霊の満たし

と天からの声によって神の子キリストであるという自覚を持たれましたが、悪魔の誘惑

を受けなければなりませんでした。四十日間断食をして肉体の飢えを感じられたとき

悪魔はやってきました。「もし、あなたが神の子であるなら、この石にパンになれと命じ

てごらんなさい」私たちに信仰があるや否やは、誘惑にあったときにわかります。

悪魔はイエスさまの神の子としての自覚を利用して、飢えより逃れるために神の子と

しての力を用いてはどうかと誘惑してきました。悪魔の言うことを聞くということは

悪魔に従うことです。これは大きな試みです。イエスさまは言われました「人はパンだ

けで生きるものではない」。イエスさまは、飢えによって死ぬことが神の御旨ならば従い

ますと言われたのです。神さまにお従いして貧しくなることはありますが、飢えて死ぬ

ということはありません。「まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらの

ものは、すべて添えて与えられるであろう」次に、悪魔はイエスさまを高い所に連れて

いき、この世のすべての国々とその栄華を見せて言いました「もし、わたしにひざまず

くならば、これらのもの、すべてをあなたのものにしてあげましょう」悪魔は、わたし

にひざまずくなら全世界の支配権をさしあげましょうと言いました。神の御子が悪魔に

屈服するのです。イエスさまは、そのような方法でこの地上を支配しようとは思われま

せん。イエスさまは、私たちの足を洗い十字架にかかることにより、愛を示して下さい

ました。イエスさまは愛によって世界を支配されました。ですから、悪魔に「主なるあ

なたの神を拝し、ただ神にのみ仕えよ」と言われました。それから、悪魔はイエスさま

をエルサレムに連れていき、宮の頂上に立たせて言いました「もし、あなたが神の子で

あるなら、ここからとびおりてごらんなさい。御使があなたを守ってくれると書いてあ

ります」悪魔は聖書の言葉を用いて誘惑してくるとこがあります。聖書を自分勝手に解

釈して自分の都合のよいように考えてはいけません。「主なるあなたの神を試みてならな

い」とイエスさまは言われました。このようにイエスさまは悪魔に勝利されました。「あ

なたがたは、この世ではなやみがある。しかし、勇気を出しなさい。わたしはすでに世

に勝っている」(ヨハネ16:33)わたしたちも、イエスさまを信じていくならば勝利

することができます。信仰をもって勝利していきましょう。