2019、10、13      聖霊降臨節第19主日礼拝     牧師 川﨑善三

「ダビデの子イエスよ」  ルカ18:35~43

エリコの町は、旧約聖書に出てくる有名な町です。「ヌンの子ヨシュアはふたりの斥候

をつかわして言った『行って、エリコの町を探りなさい』」(ヨシュア2:1)ヨシュ

アはエリコの町を攻略しなければなりませんでした。しかし、町は門をかたく閉ざし

ていました。ヨシュアが思いあぐねていたときに、ふと目を上げるとひとりの人が抜

き身のつるぎを手に持ってヨシュアに向かって立っていました。ヨシュアはその人に

尋ねました。「あなたはわれわれを助けるのですか。それともわれわれの敵を助けるの

ですか」すると、その人は言いました「いや、わたしは主の軍勢の将として今きたの

だ」ヨシュアは、自分がイスラエルの軍勢の将軍だと思っていました。ところが、こ

の方こそがイスラエルの軍隊の将軍だと言われたのです。ヨシュアは言いました「わ

が主は何をしもべに告げようとされるのですか」すると、その方が言いました「あな

たの足のくつを脱ぎなさい。あなたが立っている所は聖なる所です」主なる神は、エ

リコの町の攻略について、まず足からくつを脱いで僕となりなさい。わたしに従いな

さいと言われました。ヨシュアはそのとおりにしました。神さまの言われるとおりに

すると、エリコの町は不思議な方法で攻略することができました。そして、イエスさ

まがその町を訪れられたときのことです。「イエスがエリコに近づかれたとき、ある目

の不自由な人が道ばたにすわって、物ごいをしていた」(ルカ18:35)目の不自由

な人は、エリコの町はずれの道端にすわって人々の施しを受けていました。その日、

大勢の人々の足音が聞こえてきました。彼は何事があるのかと尋ねると、人々はナザ

レのイエスがお通りだと教えてくれました。イエスさまの評判は、イスラエルの国中

に広く知られていました。水がぶどう酒に変えられたという話、足の悪い人が歩ける

ようになった話など、奇跡がたくさん現されていました。目の不自由な人は大声で叫

び始めました「ダビデの子イエスよ、わたしをあわれんでください」人々はナザレの

イエスと言っているのに、この人は「ダビデの子イエスよ」と言いました。この人は、

イエスさまがダビデの子としてお生れになった救い主キリストであるという信仰があ

ったのです。神さまは、救い主がダビデの子孫としてお生れになると預言しておられ

たのです。(歴代志上17:14)イエスさまは「わたしに何をしてほしいのか」とお

たずねになりました。その人は、「主よ、見えるようになることです」と答えました。

イエスさまもすぐに答えて下さいました「見えるようになれ。あなたの信仰があなた

を救った」。彼は、たちまち見えるようになりました。この人が見えるようになって、

最初に見たものは何だったのでしょうか。この人は、まっ先にイエスさまのお顔を見

ました。私たちの見るべき御方もイエス・キリストです。主の御顔を仰ぎみながら、

信仰生活を歩んでいきましょう。