2020、4、12        復活日主日礼拝        牧師 川﨑善三

「復 活」                       マタイ28:1~10

その日の朝は静かにあけていきました。ごく普段と変わらない、ふつうの朝でした。
その朝、いくつかのグループが墓に向かっていました。マグダラのマリヤと数人の女性た
ち、ほかにも何人かのグループが墓に向かっていました。金曜日の夕方、十字架にかかっ
て息を引き取られたイエスさまの体は、アリマタヤのヨセフが自分のために用意していた
新しい墓に納められました。その墓の場所を見届けた女の弟子たちが、イエスさまの御体
に香料を塗ろうとして墓に向かったのです。道々、女たちに言いました「だれが、わたし
たちのために墓の入口から石をころがしてくれるでしょうか」通常、墓の入口には石がこ
ろがされて、ふたがされていました。この石をころがし墓の中に入るには、女たちの力で
は到底、無理でした。墓の番人にお願いして、石をころがしてもらおうと言うような話を
していたのです。ところが、彼らが墓に近づいたとき大きな地震が起こりました。それは、
天の使が天から下ってきて、墓の入口の石をころがし、その上にすわったために起こった
地震でした。女たちが、墓に着いたとき石の上に座っている天の使を見ました。墓の見張
りをしていた番人たちは、恐ろしさの余り震えあがって逃げだしてしまいました。天の使
は女たちに言いました「恐れることはない。あなたがたが十字架におかかりになったイエ
スを探していることは、わたしにはわかっているが、もうここにはおられない。かねて言
われたとおりに、よみがえられたのである(マタイ28:5、
6)古今東西、偉人、賢人と称される人々の墓は、それぞれの場所にあり、祀られていま
7)す。エルサレムには、イエスさまの遺体が葬られたと言われる場所に「聖墳墓教会」
が建っています。しかし、そこにはこう記されています。「ここにはおられません。よみ
がえられたのです」私たちの信仰にとって、一番大事な、歴史的な事実は十字架と復活です。
「わたしが最も大事なこととして、あなたがたに伝えたのは、わたし自身も受けたことであった。
すなわち、キリストが聖書に書いてあるとおり、わたしたちの罪のために死んだこと、
そして葬られたこと、聖書に書いてあるとおり、三日目によみがえったこと、ケパに現れ、
次に、十二人に現れたことである」(Ⅰコリント15:3~5)パウロがこの手紙を書いた頃、
彼はマグダラのマリヤやケパ、すなわちペテロに直接会って、彼らがよみがえられたイエス
に会った話をじかに聞いたのです。そして、パウロ自身も復活の主に出会って回心したのです。
イエスさまの復活は事実であり、信じる私たちにとって希望であります。死んでもよみがえり、
神の御国に行くことができるのです。新型コロナウイルスに感染することは、死の危険にさら
されることですから、怖がるのも無理はありません。しかし、こんな時こそ、しっかりと信仰
に立たせていただきたいと思います。私たちは死んでも生きるのです。