2021、1、3        降誕節第2主日礼拝        牧師 川﨑善三

「エジプト逃避」                      マタイ2:13~23

イエスさまは、生れた時から大きな危険にさらされる生涯が始まりました。東方からき

た博士たちが、ベツレヘムで幼な子に出会い、礼拝し、黄金・乳香・没薬などの宝物を

ささげました。ユダヤ人の王としてお生れになったイエスさまに対して、彼らは力いっ

ぱいの贈り物をささげたのです。そして、その夜、夢で神さまからみ告げを受けたので

す。   「ヘロデのところに帰るな」と神さまは言われたのです。博士たちはみ告げ

に従って、他の道を通って自分の国に帰っていきました。時を同じくして、神さまはヨ

セフの夢の中に御使を送り「急いで旅支度をして、幼な子とその母を連れてエジプトに

逃げなさい。ヘロデが幼な子を探し出して、殺そうとしている」と言われました。イエ

スさまがユダヤ人の新しい王となられると聞いて、ヘロデは今のうちにその子を殺そう

と思い定めていたからです。ヘロデは博士たちの帰ってくるのを待っていました。とこ

ろが何日待っても、博士たちはやってきません。ヘロデは博士たちに騙されたと知って、

非常に腹を立てました。そして、兵士たちを動員して、ベツレヘムとその付近の地方に

いる二歳以下の男の子をことごとく殺すという残虐な行為におよんだのです。マタイ福

音書は、この出来事は預言の成就であると証しています。

それから何年かが過ぎ、エジプトにいるヨセフに御使が夢に現れて言いました「立って、

幼な子とその母を連れて、イスラエルの地に行け。幼な子の命をねらっていた人々は死

んでしまった」この出来事からわかることは、幼な子イエスはエジプトに逃れ、そこで

幼年期を過ごし、それからイスラエルの地に帰ってきたという事です。この事の中に、

神さまの深いご計画があるという事です。

「『エジプトからわが子を呼び出した』と言われたことが、成就するためである。」(マタ

 

イ2:15)この御言は、預言者ホセアの預言した言葉です。「わたしはイスラエルの幼い

時、これを愛した。わたしはわが子をエジプトから呼び出した」(-ホセア11:1)イスラ

エルの幼い時とは、彼らが民族として、まだ始まったばかりの時と言うことです。そし、

ホセアの言葉はエジプトから救い出された時のことを言っているのです。そして、マタ

イ福音書は、その言葉が、救い主イエスのエジプト帰還の預言でもあると言うのです。

その時代のエジプトは世界の最先端を行く国でした。アレキサンドリヤには、世界中の

書物が納められている図書館がありました。幼な子イエスの育たれたエジプトは、その

ような大都会であったということです。イエスさまはそのような環境で、何を学ばれた

のでしょうか。世界中の国々の人間が集まるエジプトで、その幼年期を過ごされたイエ

スさまは、全世界の人々はみな同じ人間だという感覚をお持ちになったと思われます。

ですから、イエスさまの教えには、ユダヤ人、異邦人の区別はないと言えます。それと

共に「エジプトから我が子を呼び出した」という言葉は、私たちが罪の中から、この世、

すなわち「神なき世界」から救い出されたことを意味しているお言葉です。この世から

救い出されていることを、新しい年も感謝していきましょう。