2021、3、7     受難節第3主日礼拝       牧師 川﨑善三

「受難の予告」                    マタイ16:13~28 

                           

ピリポ・カイザリヤは、ガリラヤ湖の北ヘルモン山のふもとにある町です。その町はイ

スラエルの国境の町であり、異邦人の住んでいる地域でもありました。そこでは異教の

神々が祀られ、たくさんの偶像が拝まれていました。そのような状況のもとで、イエス

さまは弟子たちに尋ねて言われました「人々は人の子をだれと言っているか」弟子たち

は答えて言いました「ある人々はバプテスマのヨハネだと言っています。しかし、ほか

の人たちは、エリヤだと言い、また、エレミヤあるいは預言者のひとりだ、と言ってい

る者もあります」「そこで、イエスは彼らに言われた『それでは、あなたがたはわたしを

だれと言うか』」あなたがたは、わたしを誰だと思っているのか。これが、イエスさまが

弟子たちに聞きたかった事でした。

すると、ペテロが答えて言いました「あなたこそ、生ける神の子キリストです」イエス

さまは、単なる偉人ではありません、又預言者でもありません。イエスさまは神の子キ

リストです。ペテロはこの事を口にしたのです。イエスさまは大変、喜ばれてこう言い

ました「シモンよ、あなたは神に祝福されている人です。あなたにこの事をお示しにな

ったのは、父なる神です。この信仰は生まれながらの人は持つことができないものです。

あなたはペテロ、すなわち岩と呼ばれていますが、わたしはこの岩の上にわたしの教会

を建てましょう」。キリストの教会は「イエスは神の子キリストです」と言う信仰の上に

建てられるものです。この信仰が弟子たちにある事を確認されたイエスさまは、十字架

の話をはなし始められました。

「この時から、イエス・キリストは自分が必ずエルサレムに行き、長老、祭司長、律法

学者たちから多くの苦しみを受け、殺され、そして三日目によみがえるべきことを弟子

たちに示しはじめられた」(マタイ16:21)わたしはキリストであると明らかにされた、

イエスさまは十字架の死と復活とを弟子たちに教え、彼らの心に語りかけて言われたの

です。「わたしは殺され、そして三日目によみがえる」と。イエスさまがキリストである

とわかったペテロや弟子たちは喜びました。ところが、イエスさまの言われたことは、

耳を疑うような言葉であったのです。

イエスさまは殺されると言われたが、それはどういう事だろうかと思いました。すると、

ペテロはイエスさまをわきへ引き寄せて、いさめはじめました「主よ、とんでもないこ

とです」イエスさまは、ペテロに言われました「サタンよ、引き下がれ。わたしの邪魔

をする者だ。あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている」そして、イエス

さまは弟子たちに言われました「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨

て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」イエスさまの弟子となる者は、

イエスさまと同じ道を歩いていかなければなりません。自分のために生きるのではなく、

神のために生きる者として、自分を捨て、自分の十字架を負うて、キリストにお従いし

ていくのです。わたしたちはキリストのために生きる者、キリストと共に生きるものと

されているのです。