2021、11、7     降誕前第7主日礼拝     牧師 川﨑善三

「星のように」                    創世記15:1~18

 イスラエル民族の先祖にアブラハムという人がいました。神さまはアブラハムにご自身

を現わされました。「わたしたちの父祖アブラハムが、カランに住む前、まだメソポタニヤ

にいたとき、栄光の神が彼に現れて、仰せになった」(使徒行伝7:2、3) 神さまが、アブ

ラハムの前に現れてくださったのです。これには、アブラハムも驚き、お従いせずにはお

られなかったのです。彼は主のお言葉に従い、カルデヤのウルを出てカナンの地にやって

きました。アバラハムは、おいのロトと行動を共にしていましたが、やがて、ロトと別れ

なければ、ならなくなりました。そして、ロトはおじさんと別れて、ソドムの町に住むよ

うになります。アブラハムは、カナンの地で寄留者として過ごします。彼には定住する地

はなく、羊や牛、やぎ等を飼って、あちら、こちらと移住する生活を余儀なくされるので

す。そのような時、争いに巻き込まれる事になりました。

エラムの王ケダラオメルの連合軍と戦うことになったのです。ソドムの町に住んでいた

ロトが捕虜となって連れ去られてしまいました。そこで、アブラハムはロトを救うため

に、家の子三百十八人を引き連れて、あとを追いかけ、ケダラオメルとその連合軍を打

ち破って、ロトとその家族を取り返すことに成功しました。「これらの事の後」とは、そ

のようなことがあったあとでと言う意味です。主の言葉が、幻のうちに臨んで「アブラ

ハムよ、恐れてはならない、わたしはあなたの盾である。あなたの受ける報いは、はな

はだ大きいであろう」と言われました。彼は言います「主なる神よ、わたしには子がな

く、わたしの家を継ぐ者はダマスコのエリエゼルであるのに、あなたはわたしに何をく

ださろうとするのですか」アブラハムには、子どもがいなかったのです。すでに、後継

ぎとして、彼の家に生まれたエリエゼルを、後継ぎにしようと考えていますと言ったの

です。すると、神さまは言われました「この者は、あなたのあとつぎとなるべきではあ

りません。あなたの身から出る者があとつぎとなるべきです」そして、神さまはアブラ

ハムをテントの外に連れ出して言われました「天を仰いで、星を数えることができるな

ら、数えてみなさい。あなたの子孫はあのようになるでしょう」

神さまが、アブラハムに「来年の春には、あなたの妻サラには男の子が生まれているで

しょう」と言われました。そして、そのお言葉のとおり、アブラハムが百歳になって、

男の子が生まれました。その子はイサクと名づけられました。イサクからヤコブ、ヤコ

ブからヨセフと十二人の子、そして、イスラエルの部族へとその子孫は増え広がってい

きました。そして、わたしたちもイエス・キリストを信じる信仰によって、アブラハム

の子とされているのです。天上に移されている兄弟姉妹、地上に残っているわたしたち、

そのすべての人々がアブラハムの子孫であります。あなたの子孫は、星のようになると

言われた神さまのお言葉は成就しているのです。私たちは御国で、そのことを憶えて共

に喜ぶことでありましょう。